So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜・池辺農園 金曜日の大雪で蚕豆が・・・ [池辺農園のはなし]

先々週土曜日の雪が融けないうちに、金曜日午後から深夜にかけて大雪が降った。横浜でも30センチ近い積雪があり、池辺農園では、秋に定植したそら豆、エンドウ、玉ねぎが雪に埋もれて傷んでいないか心配だ。
近隣の農家では、この時期小松菜やほうれん草を露地で栽培しており、ハウスが倒壊した農家も多く、甚大な被害を受けているのではないか。葉物は植えなおせば2-3か月もあれば生育するが、山梨では古いぶどうの木が折れてしまい取り返しがつかない被害となってしまった。お見舞い申し上げたい。

①雪に覆われた池辺農園の全景。都筑区池辺町の農業専用地域は、坂が多いこともあり積雪のため畑に近寄れず雪が解け始めた日曜日になってようやく畑に入ることができた。20センチ以上は雪が積もっているだろうか。
IMGP2950.JPG

②11月に定植したそら豆は、積雪の中でもなんとか場所が分かったので、苗を傷つけないよう手で除雪し日光に当ててやることができた。元々寒さのため生育が遅れていたが、雪の下で1週間以上眠っていたので生育が止まってしまった感じだ。例年なら4月末には花が咲いてゴールデンウイーク明けには収穫できるのだが、今年はちょっと難しいかもしれない。
IMGP2963.JPG
IMGP2969.JPG

玉ねぎとエンドウも雪の下だが、定植場所が正確にわからないので、除雪をあきらめた。



 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。