So-net無料ブログ作成

全国的に水、米などの基礎食品の不足が深刻な状況 [仕事のはなし]

私は都内の団体で食品関係の商品開発を行っているが、11日の夜から支援物資の手配のため事務所に詰めている。わが社では地震発生直後に対策本部を立ち上げて、11日夜から被害状況の確認、職員や取引先の安否確認を行うとともに被災者への支援物資の手配を行ってきた。

16日現在、毛布、カイロ、水、ビスケット、カップラーメン、オムツ、歯磨き・歯ブラシなどの物資を10トン車で約110台分、1000トン以上を埼玉県のデポから宮城、福島、岩手の被災地に届けてきた。
当初は、すぐに口に入れられるビスケットや水、寒さをしのぐカイロなどの要望が強かったが、その後、物資を輸送したり自家発電用するための軽油や灯油燃料が不足しタンクローリーで仙台まで運んだ。現在は炊き出し用の道具や野菜、調味料などの食材、衣類、衛生用品などへの要望が強くなっており、時間が経つにつれて要望が変化してきている。
今日あたりから、各地で電力が回復し、電話が通じるようになりずいぶん状況が改善されてきたので、被災地も落ち着きを取り戻しつつある。

一方首都圏はじめ各地で深刻化しているのが物不足だ。
まずは米。現在の状況は、ひとくちで言うと、産地からの玄米の供給がうまくいかず店頭在庫が足りないため、よけいに消費者の買いだめを誘発しているというのが現状だ。東日本で消費される米は東北地方が主産地であるが、地震による交通の混乱で、玄米を首都圏の精米工場に送って精米して小売店に届けることができなくなっている。玄米は産地には十分在庫があるのに、軽油やガソリンが手に入らないことや東北道が支援物資輸送専用となっており、通常物資の輸送ができないことから、運送業者が首都圏に車を出したがらないのだ。これを受けてわが社では秋田、岩手、山形の米産地から、玄米を首都圏の精米工場に運ぶための車の手配を開始した。
次に水。ミネラルウオーターの肝は、ペットボトルの手当てと製造後の商品輸送だ。ペットボトルの原料は、東日本では主として鹿島地区のコンビナートにある企業で製造されたレジンを原料として使用しているが、鹿島のコンビナートが被災していることから原料供給が滞っているらしい。またペットボトルのフタ、フィルムを製造する企業も茨城県に集中しており、工場や保管倉庫が被災して供給が滞っている。さらに生産したミネラルウォーターの輸送も米と同様に燃料問題がネックになってうまくいっていない。こうしたトラブルが重なって製品の供給が滞り、このことがまた消費者の買占めを誘発しているのだ。
また時間があれば、現状について情報発信していきたい。





震災への対応のため、このブログをしばらくお休みします。

大規模な地震が発生し、大勢の方が被災されました。心よりお見舞い申し上げます。
私は、地震発生直後から、被災地への緊急支援物資の手配と取引先の安否・被害状況確認に追われています。被災者支援を最優先とさせていただくため、しばらくの間このブログをお休みいたします。次回共同農作業は春分の日の日以後を予定していますので、そのころにまたお会いしましょう。

横浜・山下農園 ロマネスコや茎ブロッコリーなどの収穫 冬野菜も終わり [山下農園のはなし]

ここのところ仕事が忙しく更新が滞ってしまっているが、来週からはいよいよ山下農園の共同作業が始まるので気合を入れなおさなければ・・・。
山下農園の野菜たちもほとんど収穫が終わり、いよいよ来週からは、春の作付けに向けた土作りが始まる。野菜を残しておくと農園主に叱られるので、慌てて収穫を行った。

①ようやくロマネスコが大きく成長して収穫適期となった。観賞用には面白いが、見たほどにはおいしくないのだ。
20110306-2.jpg

②今シーズンのブロッコリーは選択制だったので、通常のブロッコリー以外に茎ブロッコリーを4株とロマネスコを1株植えたが、茎ブロッコリーも収穫しない間に花が咲いてしまった。どんな野菜も早め早めの収穫が大切なのだ。20110306-1.jpg

③畑に残るのはブロッコリーなどの残渣とほうれん草、小松菜のみ。ほうれん草と小松菜は播種が遅かったのと寒さのせいで成長が遅れて、小さいまま大人になってしまったので、硬くて筋っぽくて食べてもまったくおいしくないのだ。作付けと収穫のタイミングは本当に難しい。ちなみに今年の作付けは収穫祭の日11/13、収穫できるサイズになったのは1月中旬だ。通常なら年末には美味しいほうれん草のおひたしと小松菜の煮浸しが食べられるはずだったが・・・・。
20110306-3.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。