So-net無料ブログ作成
検索選択
山下農園のはなし ブログトップ
前の30件 | 次の30件

横浜・山下農園 かぶと大根 [山下農園のはなし]

山下農園では、9月に播種したかぶや大根が収穫適期となってきた。11月に入って一気に生育が進んだので早く収穫していかないと肥大化してしまう。
①赤かぶ:愛真紅3号という品種だが、生育が早いので、早め早めに間引きをして最終的には15から20センチ程度の間隔にしていく。料理用途はあまり多くはなく、たいていの場合は酢漬けか塩漬けにして漬物として食べることが多い。ただ青果として首都圏のスーパー等の野菜売り場で見かけることはほとんどなく、あっても値段が高くて鮮度が良くない場合が多いので、貴重な素材ではある。
IMG_0013.JPG

通常の白い蕪に比べると赤カブはやや生育が早く葉っぱが大きく茂る傾向にある。
P1080747.JPG

②大根は、あと2-3週間、11月末には収穫適期になりそうだ。しかしあまり大きいと処理に困るので、このくらいの大きさが使いやすいかもしれない。画像の大根は直径約10センチ程度に生育した状態だ。三浦と聖護院は一本に間引いて大きく生育させるが、青首大根はマルチひと穴2本立てにして小さめの大根をたくさん収穫する戦略だ。
IMG_0009.JPG

横浜・山下農園 早くも冬野菜が収穫適期に 里芋、かぶ、大根、春菊、京水菜 [山下農園のはなし]

①共有区で栽培している里芋がそろそろ収穫適期となってきたので、すべて収穫することになった。
まずは葉っぱをすべて切り取ってから、スコップで周りの土ごと掘り出す。
P1080728.JPG

②掘り出した里芋は、子芋と親芋に分けて、すべて株から外していく。
P1080730.JPG

③全員で里芋を山分けする。いつもなら収穫祭の豚汁や芋煮会に使うのだが、ことしは畑で収穫祭をしないので、結構な量か山分けされることになった。
P1080741.JPG

横浜・山下農園 半年間がんばってくれた茄子(なす)を撤去 [山下農園のはなし]

4月に苗を定植してから500本以上の丸なすと長なすを収穫することができたが、いよいよ10月末となり撤去することになった。まだまだ元気に花を咲かせているが、年末用の小松菜とほうれん草を播種するのでやむを得ない。

①まだまだ花を咲かせて元気な茄子(なす)を撤去し、別の畑に移動して枝を細断する。
P1080692.JPG
P1080689.JPG

②茄子(なす)を撤去したらマルチを剥がして整地し耕耘する。茄子の根はかなり広範囲に張っているので、土の中に残さないようしっかり抜いておく。
P1080700.JPG
P1080709.JPG

③耕耘を終えたら足踏みして土を固めてからレーキで整地して1週間おく。今週、茄子の跡地に年末用の小松菜とほうれん草を播種する。まずはヒモを張り播種する場所を確定したら、パイプを使って念入りに整地を行う。地面に凹凸があると水たまりができたり乾燥してしまい発芽しない可能性があるため重要な作業だ。
P1080722.JPG
P1080724.JPG

④その後播種する列ごとにヒモを張り、それに沿って播種器クリーンシーダで小松菜とほうれん草の種を撒いていく。前輪が空転すると種が落ちないので、前に重心をかけてゆっくり押すのがコツだ。
P1080725.JPG

➄最後に水をたっぷりまいたら終了だ。早ければ1週間で発芽する。
P1080737.JPG
P1080745.JPG



横浜・山下農園 恒例のさつま芋掘り 共有区画の鷹の爪が赤く色づき、ニンジンが元気に生育 [山下農園のはなし]

山下農園にも秋がやってきた。
①毎年恒例のさつま芋掘りだ。
山下農園から車で約10分、杭で話題のららぽーと横浜の近く、池辺町にある農業専用地域の畑で農園の仲間と一緒に芋掘りを行った。不作かと思ったが掘ってみたらまずまずの出来だ。自分の畑でも栽培しているので楽し期待が持てそうだ。
P1080670.JPG

Mさんが形が良く大きい芋を掘り当てた。でも自分で掘った芋が自分に当たるとは限らない。
P1080664.JPG

みんなで掘って、等分に分けて、じゃんけんで勝ったひとから順番に持ち帰るのが山下農園のルールだ。P1080671.JPG3

②今年も山下農園の共有区画で鷹の爪が赤く色づいてきた。苗の生育が遅れたのでやや小ぶりだ。
P1080651.JPG

③9月に播種したニンジンは、残暑と乾燥で発芽が遅れて心配したが、なんとか生育してきた。ここまで来ればあとは11月末の収穫を待つのみだ。
P1080653.JPG

横浜・山下農園 冬野菜の定植・播種を終えしばらくは「手でとーる」作戦 [山下農園のはなし]

山下農園では冬野菜の播種と苗の定植をひと通り終えて、10月中はひたすら害虫の卵や幼虫を「手でとーる」作戦に集中する。この畑では害虫防除を目的に必要最小限の農薬を散布しているが、週に一回の散布では効果が十分ではなく、主に葉の裏などに産み付けられた卵の除去はガムテープを使用して手作業で行う。この地道な作業が良い野菜を作るうえでの大切なプロセスなのだ。

①となりの班のMさんがキャベツの葉を1枚づつ裏返して、ガムテープで害虫の卵や幼虫を除去していく。今年は比較的冷涼な天候が続いているので大丈夫だが、10月中は30℃近くまで気温が上がる日があるので、卵を除去しておかないと一気にふ化して幼虫が葉っぱを食い荒らしてしまうのだ。
P1080558.JPG

②キャベツの葉の裏にびっしりとヨトウムシの卵が産みつけられている。これを放置しておくと大量の幼虫が孵化して、葉が食い荒らされて、最悪の場合は苗が枯れてしまう。
P1080624.JPG

③赤カブの葉で休憩するおんぶバッタの雌と雄2匹 バッタ類も食害中のひとつだ。
P1080630.JPG

④冬野菜が日を追うごとに生育している。手前からカリフラワー、キャベツ2畝、ブロッコリー
P1080634.JPG

➄白菜も生育してきたが、今年は苗の活着が思わしくなく、枯れてしまった苗もいくつかある。
P1080640.JPG

横浜・山下農園 暑さ寒さも彼岸まで 彼岸花が満開 大根が元気に発芽 [山下農園のはなし]

9月は冬野菜にとってはもっとも大切な時期、マルチ張り、播種、定植などとても忙しいのだ。
「暑さ寒さも彼岸まで」⇒夏の暑さも冬の寒さも、お彼岸を境として次第に薄れていき、それ以後は過ごしやすくなるという言い伝え。

①彼岸花が満開に
19日(土)の共同作業日には山下農園の彼岸花が満開となった。
お彼岸の中日である春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、9月23日秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもつそう。昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響しているのだそう。
2015年のお彼岸は9月20日(日)が彼岸の入り、9月23日(水)が彼岸の中日、9月26日(土)が彼岸明けだ。
P1080564.JPG

彼岸花→別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)。鱗茎(りんけい:地下茎の一種)にアルカロイドを含む有毒植物で、食べると最悪の場合は死に至るとのこと。田んぼの畦道や川辺、また墓地付近に自生していることが多く、その昔に鱗茎の有毒性を利用してモグラなどに畦道や墓を荒されないよう人為的に植えられたためだと言われるているらしい。なるほど理屈が通った話しだ。

②先週播種した大根が発芽 山下農園では、青首だいこん、三浦、聖護院の三種類の大根を栽培している。先週マルチひと穴に4粒ずつ播種したが、最終的には1-2本に間引いていく。
P1080547.JPG
生育した大根の芽を風から守るために土寄せをしていく。こうした地道な作業が山下農園の野菜づくりのモットーだ。
P1080551.JPG

横浜・山下農園 冬野菜の作付けを開始  [山下農園のはなし]

9月に入りいよいよ冬野菜の作付けが始まった。今年は天候不順で夏野菜は今ひとつの出来だったが冬野菜はどんなできになるだろうか。

①2015年冬野菜の作付け計画
2015下期作付け計画(山下).jpg

②畝立てを行ってからカリフラワー、ブロッコリー、キャベツの苗を定植
畝は三角形に溝を掘って立ち上げた畝の肩に苗を等間隔に植えていく。
P1080519.JPG
P1080521.JPG
P1080532.JPG

③白菜の苗を定植 こちらは畝を立てずに透明マルチに苗を定植していく。
P1080541.JPG
P1080570.JPG



横浜・山下農園 にんじんの播種と水やり ようやく鷹の爪が生育 [山下農園のはなし]

先週トマトを片付けたので、茄子とピーマンを除いて夏野菜はすべて終わって畑がすっきりした。今週は仕事でお休みしたが、牛糞堆肥を入れて全面耕耘し来週からはいよいよ冬野菜の作付けが始まる。

①お盆前に番外地(共有区画)に人参を播種したが、案の定、強い日差しで多くが発芽していないので、撒きなおして新たな日よけを設置した。人参はデリケートな野菜なので、水やりと発芽時の遮光が欠かせない。一部は発芽して元気に生育しているが半分以上は全く発芽していない。
P1080494.JPG

②種を撒きなおして十分に水やりを行う。
P1080486.JPG
P1080498.JPG

③確実に遮光できるように丈夫な遮光シートをかぶせていく。順調に行けば収穫は11月中旬だ。
P1080496.JPG

④4月に種から育てた鷹の爪がようやく生育してきた。10月には真っ赤な実をつけてくれそうだ。
P1080505.JPG

横浜・山下農園 お盆が明けて炎天下でトマトの片付け [山下農園のはなし]

8月1週目にキュウリを片付けてお盆休みに入ったが、今週はいよいよトマトの片付けだ。従来はお盆週に片付けていたが、青いままの実を処分するのがもったいないということで、今年はお盆明けまで引っ張ったのだ。梅雨明け前の長雨で水を嫌うトマトにとっては今夏は厳しい環境で、梅雨が明けて8月に入ったころにはすでに木が弱ってしまっていた。撤去を遅らせたが8月2週目以後はほとんど収穫できなかった。

①8月に入り、トマトは急に勢いを失い葉っぱが枯れだした。そろそろおしまいだ。今年もたくさんの実をつけてくれたトマトに感謝。
IMG_3022.JPG
葉が枯れだしたミニトマトのアイコ
IMG_3018.JPG

②今週末の共同作業はトマトの片付けだ。まずはトマトの実をすべて除去してから、主枝の誘引ヒモをカットして支柱から外し軽トラに積み込んで別の畑で細断して堆肥にする。
P1080478.JPG
P1080481.JPG

③お盆があけてもまだまだ暑い。炎天下の畑では熱中症に要注意だ。Tさんが山下農園で栽培する赤紫蘇で作ってくださるシソジュースは山下農園の夏の定番だ。これを飲むと疲れが吹っ飛び元気が出る。
P1100330.JPG
P1080485.JPG

乾燥しきった炎天下の山下農園 茄子以外何もない状態。9月に入ったらいよいよ冬野菜の作付けだ。
P1080501.JPG

横浜・山下農園 冬野菜の土づくりのために牛糞堆肥を搬入 炎天下の農作業では熱中症に注意 [山下農園のはなし]

7月20日に梅雨明けして以来ほとんど雨が降っておらず、猛暑が続いている。炎天下の農作業は熱中症に要注意だ。
①炎天下の中、冬野菜の土づくりに必要な牛糞堆肥が、戸塚区の小野ファームから届いた。
P1080424.JPG

②3トントラック一杯分を畑の脇に落として手作業で積み上げておく。この猛暑の中で、よく熟成した牛糞堆肥は発酵による熱でむせ返るほどの暑さだ。
P1080427.JPG

③8月に入りキュウリやトマトなどの夏野菜は終盤戦に差し掛かり、トマトは最後の輝きを見せている。真っ赤に色づいているが、お盆が明けるころには元気がなくなり枯れ始めて撤去の時期を迎える。
◆調理用のイタリアントマト(サンマルツァーノ)皮は厚めだがそのまま食べても味が濃くおいしい。
IMG_0011.JPG
◆ミニトマト:アイコ 完熟してから収穫するのがポイントだ。 
P1080410.JPG
◆黄色いアイコ 完熟した実は甘くてとてもおいしい。夕立による大雨で水分過多となり割れてしまっている。
IMG_0013.JPG

横浜・池辺農園 ペリーが熟して食べごろに [山下農園のはなし]

池辺農園では4年ほど前にNさんがベリーの苗を定植し、毎年5月の半ば頃に白い花を咲かせ、7月末から8月初旬にかけてたくさんの実を付けるようになった。

①花の色や実の形からブラックベリー(Black berry)だと思われる。
P1070653.JPG
P1080360.JPG

②実が赤いうちは酸味が強くて食べられたものではない。完全に黒くなって熟したら食べごろだ。
P1080353.JPG

③毎年、ブラックベリーを砂糖と一緒に煮込んでベリージャムを作る。今年は開花後6月の長雨の影響もあり、少し酸味が強いようだ。
P1080430.JPG


◆ブラックベリーについて
日本名はクロミキイチゴ、フランスではミュール。バラ科のキイチゴ属。イギリスではブラックベリーとラズベリーをまとめてブランブルと呼ぶ。夏の暑さにはラズベリーより強い。果実は熟すとへたの芯ごと収穫する。ラズベリーより全体的に甘味がある。生食の他にジャム、果実酒。生クリームやヨーグルト、クリームチーズをかけて食べても良い。欧州ではよく砂糖をかけてから冷凍にする。リンゴとの相性が良いのでイギリスではリンゴとブラックベリーのパイやジャムが人気。

横浜・山下農園 キュウリととうもろこしに長雨の影響が [山下農園のはなし]

6月中旬以後雨の日が多かったが、7月に入っても同様の天候が続いている。
長雨の影響で湿気が多く風通しが悪くなったためか、キュウリに異変が出始めた。
例年は、きゅうりの収穫が最盛期で、まだまだ元気に花を咲かせているのだが、今年はすでに枯れはじめた苗も出始めた。5月にアブラムシが大量に出てしまったことも影響しているかもしれない。

①ひょうたん型の実がなった四川きゅうり。木が弱って勢いがなくなる終盤によく出る実の形だ。
P1080335.JPG

②7月上旬なのに枯れ始めたキュウリ。例年よりも3週間以上早い。長雨とアブラムシの影響が大きいのではないか。おそらく例年の700~800本の収穫量には届かないものと思う。
P1080333.JPG

③収穫間近で楽しみにしていたとうもろこしが、ほぼすべてカラスにやられてしまい全滅だ。近所の方が大量のカラスが畑に舞い降りているのを見つけ、通報してくださったが時遅しだった。おそらく長雨の影響で餌が不足しているので、たまたま通りかかった畑にあった甘いコーンが集中的にやられてしまったのだろう。
P1080331.JPG

④前の週にはハクビシンやムクドリなどの食害対策としてネットを張ったばかりだが、利口なカラスには通用しなかったようだ。
P1080310.JPG


横浜・山下農園 とうもろこしが収穫適期に [山下農園のはなし]

7月に入り天候が思わしくない。特に土日はほとんど雨または曇りだ。毎週小雨の中の農作業が続く。
今年の梅雨入りはたしか6月8日だったが、前半は雨が少なかったので、野菜たちの生育は現時点ではまずまずだ。

①とうもろこしがそろそろ収穫時となった。本当においしい時期は3-4日しかないので収穫適期を逃さないように一気に収穫して下処理をしてしまう。ひげが茶色に変色したら収穫時、少し皮を剥いてみて、実が黄色くなっていたら収穫しても大丈夫だ。
IMG_0022.JPG
IMG_0021.JPG

②6月に入りとうもろこしが生育し花が天を突く。コーンは害虫が付きやすく、変色した色の悪い花は害虫が入り込んでいる可能性が高い。変色した花は早めにカットしてしまう。花粉が落ちて受粉すれば、もう花は必要ないので切り落としてしまっても大丈夫だ。
P1080262.JPG
P1100309.JPG

横浜・山下農園 夏野菜の収穫が最盛期に トマトが色づき茄子が生育、キュウリも豊作 [山下農園のはなし]

6月に入り週末は天候が崩れる日が多いが、5月の開花~生育時期に天候が良かったこともあり今のところ夏野菜は順調に生育している。これから7月いっぱいが夏野菜の収穫最盛期だ。

①いんげん 4月2週目に播種したいんげんは、すでに収穫を終え、4週目に播種した方の豆がちょうど開花しあと1-2週間で収穫できそうだ。今年は実のツキが良く豊作だ。
P1080254.JPG

②えだまめ 4月2週目に播種した枝豆がそろそろ収穫適期を迎えた。最適な食べごろは3~4日しかないと言われているので、もっとも美味しいタイミングを逃さないように収穫して手早く下処理をしてしまうことが大切だ。
P1080315.JPG

③トマト 4月3週目に苗を定植し順調に生育してきた。6月に入りどんどん色づいてきたが、最下段のトマトが収穫適期を迎えつつある。丸々太っておいしそうだ。
P1080298.JPG

④なす トマトと同時に定植した茄子も順調に生育している。10月まで元気に実をつけてもらうために、誘引と整枝をしっかり行う。まずは丸ナスが収穫適期をけ変えた。
P1080265.JPG

➄きゅうり 4月2週目に苗の定植を終え、5月3週目から収穫を開始、ちょうど1カ月で300本の収穫となった。四川きゅうり2株、通常のきゅうり(金星)4株の計6株を2本立てにして栽培しているので、現時点で1株当たり50本の収穫となる。山下農園では最終的にひと株あたり100本、計600本が収穫目標になっているがまずまず順調な収穫状況だ。5月末に稲わらを敷いて夏の高温対策を施したこと、足元の不要な葉を取っ払い風通しを良くしたこともあり、病気も出ずに順調に生育している。毎日こまめに収穫に来て丁寧に手入れをされるベテラン園生の中には、6株で1000本を超えるキュウリを収穫される方もいる。
P1080279.JPG
P1070970.JPG

横浜・山下農園 いよいよ6月、キュウリ・トマトの生育が早い [山下農園のはなし]

仕事が忙しくなかなか共同作業に参加できない間にどんどん夏野菜が生育している。今週から6月、二十四節気では「小満」で、本格的な夏の始まり、衣替えの季節だ。

①今年はきゅうりの生育が早い。5月末時点ですでに支柱の先まで主枝が伸びた。5月のさわやかな青空のもと、天を射すようにキュウリが元気に生育している。
P1070971.JPG

②トマトも最下段には青々した実をつけている。あと2週間くらいしたら真っ赤に熟して収穫適期になることだろう。収穫が待ち遠しい。
P1070927.JPG

③山下農園の全景 手前からインゲン、コーン、なすの順。夏野菜の生育がとても速く畑は緑でいっぱいだ。
P1070967.JPG

横浜・山下農園 2015年度上期の作付け・栽培計画 [山下農園のはなし]

2015年上期(夏野菜)の山下農園の作付けと栽培の進め方は表のとおり

ひとりあたり30平米の個人区画でトマトきゅうりなど7種の野菜と共有地でゴーヤなど4種類、計11種類の野菜を栽培する計画だ。
すでにキュウリには元気な実がなり、週当たり20-30本の収穫量となっており、インゲンに花が咲き始めた。6月に入ると収穫の最盛期だ。
2015上期作付け計画(山下).jpg

夕刻の山下農園、夏野菜の作付けから7週目までここまで生育してきた。
P1070947.JPG

横浜・山下&池辺農園 花が咲いた [山下農園のはなし]

春本番、山下農園と池辺農園の畑に花が咲いた

①なすの花(山下農園:千両二号5月2週目)
P1070864.JPG

②じゃがいもの花(池辺農園:キタアカリ5月3週目)
P1070934.JPG

③キュウリの花(山下農園:金星5月2週目)
P1070883.JPG

④ピーマンの花(山下農園:エース5月2週目)
P1070866.JPG

➄ベリーの花(池辺農園:品種は不明5月2週目
P1070652.JPG

➅いちごの花(池辺農園:品種は不明4月末)
P1070458.JPG

⑦そら豆の花(池辺農園:品種は不明4月末)
P1070468.JPG

横浜・山下農園 トマトの次はキュウリの支柱立て [山下農園のはなし]

先週に引き続き、今週の作業はキュウリの支柱立てと誘引だ。
今年は4月に入り気温の高い日が多かったので苗の生育がとても早く、トンネルを外すときゅうりの枝がモサモサに生えている。枝を傷めないように気を付けながら支柱立てを始める。

①まずはいつものように、水平器が装着された専用の器具(十字架)を使いキュウリの支柱を立てていく。支柱は苗の両わきから逆ハの字になるように角度と高さを計測しながら支柱を差し込んで、最後に差し込み具合を調整して全体の高さを合わせていく。精度を求められるなかなか大変な作業だ。
P1070836.JPG
P1070842.JPG


②支柱立てが終わったらキュウリの誘引だ。生育がとても速く、主枝を持ち上げてみると支柱の真ん中あたりまで伸びる。このぶんだと6月中旬には支柱の先まで主枝が伸びてしまいそうだ。
ひとりで作業すると主枝を折ってしまうリスクが高いので、必ず二人で作業する。ひとりが主枝をもって、もうひとりが支柱に誘引していく。台風が近づいているので、強風にも耐えられるよう普段よりも麻ひもで支柱に留める箇所を増やしておく。
P1070856.JPG
P1070853.JPG

④なすとピーマンの支柱立ては来週だが、生育が早いのでトンネルを外していく。
台風の強い風が吹くとの情報なので、風の被害を防ぐために、まだ支柱を立てていない茄子については、ダンボールをクロスさせて何本か刺して、支柱と主枝をしっかり誘引していく。
P1070875.JPG
P1070876.JPG

横浜・山下農園 カンカン照りのなかトマトの支柱立て [山下農園のはなし]

さて、いよいよ今週から夏野菜の支柱立てが始まる。

①最初にトマトのトンネル掛けをゆっくり外し、その後アーチ型の支柱を区画の境に差し込んでから、横棒をしっかり固定していく。
P1070597.JPG

②横棒の固定が終わったら、次に支柱立てだ。一本ずつ支柱を苗の右上に差し込んで、高さを合わせていく。
P1070603.JPG
P1070606.JPG

③支柱立てが終わったら、トマトを支柱に誘引してするが、トマト苗の生育がかなり良いので脇芽の出かたがひどく除去するのにひと苦労だ。誘引の際の注意点は、花芽が通路側に向くようにしてから誘引することと花芽に絶対に手をふれないことだ。
P1070609.JPG
P1070610.JPG

④トマトの支柱立てが終わったら、最後に茶豆の播種作業を行い、今日の作業は終了だ。
P1070613.JPG
来週はいよいよキュウリの誘引が始まる。

横浜・山下農園 トマト・きゅうり・ナス・ピーマンの苗を定植 [山下農園のはなし]

先週はO農園主がJAの行事で不在のため、生徒だけでの作業となった。
夏野菜のメインであるトマト、キュウリ、茄子の苗の定植とトンネル掛けという大事な作業だ。

①まずは、先週マーキングしたマルチを包丁で切って、定植ゴテで穴を掘る。その後苗を植えていく。
トマトは、花芽が一定方向に出る習性があるので、花が通路側に向くように苗を定植することが大切だ。これを怠ると収穫が始まってから苦労することになる。
P1070509.JPG

②定植を終えたら誘引だ。今年は天候不順の影響か苗の主枝が細いので、ダンポールを立てて手早く誘引していく。風が強いので手早く作業しないと苗が折れてしまうリスクがある。
P1070513.JPG

③誘引を終えたら、トンネル用の溝を鍬でさくっていく。深めにサクっておかないと、固定した後にトンネルが風に煽られて剥がれてしまう恐れがあるので大事な作業だ。(画像はキュウリの畝)
P1070516.JPG

④トンネル掛けは必ず2人で、風に煽られないように慎重に作業する。今日は風が強いので、トンネルビニールが苗に接触すると主枝が折れてしまう恐れがあるのだ。
P1070514.JPG

➄トンネルビニールのセンターがきちんと出るように確認してから、両側から同時にクリップで留め土をかぶせて固定し、トンネルの上から押さえのポールを差し込んだら完成だ。
P1070518.JPG
P1070521.JPG

➅トンネル掛けを終えたトマトとなす・ピーマン
4月中は朝晩はまだまだ気温が低いことが多いので、トンネル掛けをして地温と気温を上げてやることで、苗の活着を早めて生育を促進させる。トンネル掛けはたいへん手間がかかる作業だが、この作業を行うことで6月以後の収穫量に大きな差か出てくるのだ。
P1070523.JPG
P1070522.JPG



横浜・山下農園 今週の作業は小雨の中コーンと枝豆、いんげんの播種 [山下農園のはなし]

さて今週の共同作業は、小雨の中、マルチを4本張った後、コーンと枝豆、いんげんの播種だ。この時期は夏野菜の準備が立て込んでいるので、少々の雨であれば作業してしまわないと、後々の作業が遅れて夏野菜の生育に大きく影響してくるのだ。

①まずは先週と同じようにマルチを張る。今週はトマト、ナス、きゅうり用の穴なし透明マルチと枝豆用のマルチを4本張り、来週以降、苗を植えてトンネル掛けをするためのアーチの準備を行う。トマト、なす、きゅうりの苗は、定植後に70センチ高の支柱で仮留めするので、トンネルのアーチはそれを邪魔しない高さに設定する必要がある。
P1070491.JPG
P1070498.JPG

②マルチを張り終えたら、先週マルチ張りをして地温をコントロールしておいた区画に、枝豆用の大豆、いんげんスイートコーンの播種を行う。先週以後気温が下がり天気も良くなかったので、十分に地温が上がっているかやや心配ではある。雨で濡れドロだらけになってしまうので、種は少しずつ持ち出して播種していく。枝豆用大豆とコーンはひと穴に2粒ずつ、いんげんは3粒ずつ播種して、後で間引きするのだ。
P1070481.JPG
P1070474.JPG

③豆類の播種を終えたら、先ほどマルチ張りを終えたトマト、きゅうり、なすのマルチに、来週定植するための場所をマーキングしていく。一人あたりの区画の幅2.5mに、トマトなら5株*2列、きゅうりなら3株*2列を等間隔で苗の定植を行う。そのためにあらかじめマルチに穴をあけて定植する場所をマーキングしておくのだ。
P1070477.JPG
*このマーキング専用機器は、いちいち計らなくてもひと区画ずつ定植位置が確定できる優れ物で、きゅうり専用の3株*2列になっている。

*左がトマト用の5穴*2、右がきゅうり用の3穴*2
P1070478.JPG

④小雨の中、時間内に無事作業を終えることができた。さて来週からはいよいよ夏野菜の苗の定植が始まる。
P1070496.JPG

➄畑の作業と並行して、ハウスの中では予備の苗を作る作業だ。
直接畑に播種した豆類はうまく芽が出ないときもあるので、その場合はこの苗を植えなおすのだ。ハウスの中は温度が高く水やりもしっかりするので、より発芽の確率が高くなる。今回は、枝豆といんげん、コーン、それに番外地に作付けする鷹の爪の予備苗をつくる。
P1070492.JPG




横浜・山下農園 2015年度栽培収穫体験ファーム山下農園が4月4日開園 [山下農園のはなし]

さあ春爛漫、2015年度の栽培収穫体験ファーム山下農園がいよいよ開園だ。
今年度は山下農園開園15周年、自身も入園10年目の節目の年だ。
これまでの9年間は、仕事が多忙で十分に野菜の世話をできず、なかなか納得いく成果を残せなかったので、今年こそはしっかりと野菜作りに向き合えるようにしたい。

①いよいよ2015年度山下農園の開園だ。今年の新入生は1名だけ、自身は2班の区画に決まった。2班は日当りがよく土壌の状態も安定しているが、台風や強風の際にはもっとも風が当たりやすく、特に冬場は気温が下がりやすいので生育に影響しやすく要注意だ。
さて農園ではいつものようにO農園主が作業の説明をする。山下農園の資料は非常にわかりやすく充実しており説明も論理的かつ簡潔なので理解しやすい。
P1070402.JPG

②まずは全員で記念写真だ。
P1070407.JPG

③最初の作業は、枝豆、いんげん、コーンを播種する区画のマルチングの準備だ。
まずは寸法出しをしてからヒモでマルチングの場所を決めてから地面を平たんにし石などの異物を除去してから鍬でさくる。久々の鍬使いなので緊張する。
P1070426.JPG
P1070432.JPG

④準備が整ったらマルチをかけて、センターを合わせてから、両側に土盛りして固定すれば終了だ。夏野菜の作付けは、まだまだ気温が低いこの時期に播種するので、地温を十分に上げておいて生育をよくするために透明のマルチングは必須だ。マルチのあるなしで地温の上がり方が相当違うので、後々の夏野菜の生育を左右する気の抜けない大切な作業なのだ。
P1070431.JPG
P1070435.JPG

➄マルチング作業が終了、今年も鏡のように輝くきれいなマルチングができた。さて来週はいよいよトマト、キュウリ、なすのマルチングと枝豆、いんげん、コーンの播種だ。
P1070455.JPG

➄今日の最後に、番外地(個人区画ナンバーが振られていない共有区画ということでこう呼んでいる)に小松菜とルッコラを播種する。このまま順調に気温が上がればゴールデンウィーク過ぎには収穫できるそうだ。
P1070440.JPG

横浜・山下農園 土づくりの仕上げは牛糞堆肥を撒いて全面耕耘 [山下農園のはなし]

さて、今年も4月開園を前に、3月中に土づくりの作業を行う。いよいよ夏野菜の作付けがはじまるのだ。
①山下農園で学ぶメンバーが約2か月ぶりに集合した。ハウスの中でO農園主の作業説明を受け作業に入る。 先々週の待ち肥作業を終え、今週は畑全体に牛糞堆肥を施肥して全面耕耘を行う。山下農園では、戸塚区にある横濱ビーフ向けの和牛を肥育するする小野ファームから、トラックいっぱいの牛糞堆肥を仕入れて、畑の脇で熟成させてから使用している。この牛糞堆肥の力によって、ふかふかで微生物がいっぱいの非常に質の良い土壌が出来上がるのだ。

P1070225.JPG

②1月に搬入し保管してある牛糞堆肥を一輪車に積み込んで畑にまいていく。堆肥は、まだまだ発酵途中で熱を帯びているので、むせかえるほどの熱気で湯気が立ち上る。
P1070233.JPG

③ひとり当たり約30平米の区画に6杯ずつ堆肥を撒いてから、土壌成分の診断結果をもとに肥料を施し、耕耘機で畑全体を耕耘していく。土壌成分の検査結果によって肥料成分や量を変えることで、N・P・Kのバランスが取れ、水はけ、水持ちの良い質の高い土壌ができあがるのだ。
P1070239.JPG
P1070261.JPG

④耕耘機で耕した土をやや時間をおいてから、軽く踏んで、最後にレーキで平らにしていく。全員で下を向いたまま並んで足踏みする様子は滑稽でもあり、見方によっては少し不気味ではある。
P1070263.JPG
P1070265.JPG

➄整地が終わったら、最後にヒモを張って測量を行い、銀座4丁目交差点(畑の中心をこう呼ぶ)から四方に区画を割り振るための杭打ちを行う。これで2015年の夏野菜を作付けするための準備が整った。いよいよ4月に入ったら作付け作業に入る。
P1070279.JPG
P1070274.JPG

横浜・山下農園 いよいよ2015年度の農作業が始まった、まずは土づくりから [山下農園のはなし]

2014年は久々の現場復帰で仕事が忙しくなってしまい、農作業は何とかこなしたものの、ブログを更新することができなかった。今年は山下農園10年目となる節目の年なので、農作業にも、このブログにも頑張って取り組んでいきたい。

①3月に入り、山下農園では、夏野菜の作付けを前にまずは土づくりの作業だ。
仕事の都合で、前回待ち肥の作業に参加できなかったので、2014年の作業を紹介する。
「待ち肥」とは、トマトやナス、キュウリなどの夏野菜が夏バテしないように、生育し根の先端が届くあたりに牛糞堆肥や肥料をあらかじめ投入しておく作業だ。ほとんど土木作業に近い重労働なので、プロの農家でもあまり行わないこだわりの作業で山下農園では必ず3月に行う。この手間が夏野菜の収穫量とプロ並みの品質に結びついているのだ。

DSCF2043.JPG
DSCF2052.jpg
待ち肥.jpg

2015年元旦 新年あけましておめでとうございます。 [山下農園のはなし]

2015年元旦 新年あけましておめでとうございます。
2014年は仕事の関係でなかなか更新できませんでしたが、農園生活10年目、節目の年です。今年は農作業の報告ならびに農業をめぐる話題に対しても情報発信していきたいと思います。

野菜年賀状2015-2.jpg


横浜・山下農園 冬野菜のマルチ張りとロマネスコの苗を定植 [山下農園のはなし]

さて、冬野菜の仕込み2回目の作業は、大根、白菜、レタスの区画にマルチを張る。夏野菜は雑草防止用の黒いマルチを張ったが、冬野菜の場合は地温を上げて苗や種の活着をよくするために透明のマルチを張る。

①まずは例年通り、寸法を測って紐を引いて、鍬で両わきをさくってからマルチを張っていく、最後に鍬でマルチの端に土寄せして良く踏めば出来上がりだ。
DSCF5001.JPG

②今回からプロ用のマルチング機を使用することになった。最初にO講師から説明があり、その後作業に取り掛かる。機器を使用する場合は何でもそうだが、最初の設定と調整が肝心だ。
DSCF5004.JPG

③実際に作業に入る。左右のガイドの方向と車輪の位置の調整がなかなか難しい。
IMG_1713.JPG

④マルチング作業を始める。向かって右側のマルチが手作業で張ったものだが、やはり作業のほうがきれいに仕上がっている。プロの農家が、少人数で長い距離のマルチを張る場合はこのマチルング機はとても有効だと思うが、山下農園の場合はせいぜい20m程度なので手作業のほうが早くきれいだ。
IMG_1715.JPG

➄冬野菜用の3本のマルチングが終了した。来週はいよいよ大根の播種とキャベツやブロッコリーなどの苗の定植作業だ。
IMG_1720.JPG

➅ブロッコリーの区画に畝立てを行い、希望者だけロマネスコの苗を定植した。買うと高いし見た目もきれいだが、あまりおいしくないので、我が家は1株だけ定植することにした。
IMG_1719.JPG


横浜・山下農園 いよいよ下期の農作業の開始、まずは土づくりから  [山下農園のはなし]

6月頃から仕事が忙しくなって、なかなかブログの更新をできずにいたが、トマトやきゅうりなど夏野菜は茄子を除いてすてべ片づけを終え、いよいよ今日から冬野菜の作付け準備に入る。まず最初の農作業は、土づくりからだ。
DSCF0005.JPG

①牛糞堆肥を一輪車に乗せて各区画に6杯ずつ投入していく。山下農園の牛糞堆肥は、戸塚区の横濱ビーフ生産者である小野ファームから購入している。今日使う堆肥は7月に入荷したものだが、よく熟成されているためほとんど臭いがないし、発酵が進んで熱を持っている。堆肥をスコップですくうと湯気が立ちこめてむせ返るほどの熱気に包まれる。
DSCF0006.JPG

②各区画に牛糞堆肥を投入したら、均等に伸ばして、そのあと化成肥料を投入していく。
DSCF0010.JPG

③そして今日、もっとも時間とスキルを要する全面耕耘の開始だ。
耕耘機は一台しかないが、姉妹農園である中山農園でも今日は午前中からの作業で、牛糞堆肥を撒いた状態で耕耘機の到着を待っているので要領よく作業しないと迷惑がかかるのだ。だから素人には任せられないとO講師が自分で運転する。
DSCF0012.JPG

④今日は雨上がりなので、土が湿っていて耕耘機の刃に付着してしまい効率が悪くなるので、1往復するごとにヘラで土を落としていく。地道な作業だが、この丁寧な耕耘が良い農作物を作ることにつながるのだ。
DSCF0030.JPG

➄大根を作付けする区画だけは往復2回耕耘する。
以前はよく大根が二股や三股になってしまったが、この作業を行うようになってからは、形の悪い大根はできなくなったのではないだろうか。小石や土の塊などほんの少しの障害でも割れてしまうようなので、大根はデリケートな作物だ。
DSCF0024.JPG

➅耕耘を終えたら、しばらく時間をおいて、土の表面が乾燥してきたら足で押し固めていく。今日は土が水分を含んで重いので、体重が重い中高年のおっさんは足踏み禁止で、体重の軽い男性と女性中心に土踏み作業を行う。
DSCF0038.JPG

⑦さあ、今年も冬野菜の準備を終えた。来週からはいよいよマルチ張りと冬野菜の苗定植あいるは播種が始まる。今年の夏は梅雨明け後の天候不順が影響して、トマトのできが今ひとつであったが、さて大根、キャベツ、レタス、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草など冬野菜の出来はどうだろう。
DSCF0041.JPG

横浜・山下農園 青空を突き刺すようにとうもろこしが一気に成長、なすときゅうり、トマトに藁敷き [山下農園のはなし]

山下農園では、夏野菜が収穫本番を迎え、キュウリは週に100本程度、茄子も週15-20本程度の収穫量となり、トマトも一段目の実がようやく色づきはじめた。
①このところの高温と適度な雨で、とうもろこしが一気に生育してきた。天を突き刺すように伸びるとうもろこしの主枝と花。雄花が出す花粉によって自然に受粉して雌花にとうもろこしの実ができていく。

DSCF6240.JPG

②去年一昨年と梅雨どきに吹き荒れた暴風雨でとうもろこしが倒れてしまったので、今年は支柱とロープで早めに対策をとることになった。これで少々の風にも耐えられるだろう。
DSCF6238.JPG

③夏本番を迎える前に、なす、きゅうり、トマトの根元に稲わらを敷いていく。藁を敷くことで地面の温度上昇を和らげ、作物を高温障害から守るという重要な役割がある。
DSCF6246.JPG

④トマトの根元にも藁を敷いていく。大玉トマトはようやく1段目が赤く色づき始めた。
DSCF6248.JPG

横浜・山下農園 いんげんに花が咲きだした トマト、キュウリの収穫開始 [山下農園のはなし]

山下農園では、6月に入り豆類の花が咲き、トマトやきゅうり、茄子が実を付けはじめた。

①いんげんの花が咲きはじめた、収穫まであと2週間程度、6月中旬頃の収穫だろうか。
豆類は、収穫適期が短く、いちばんおいしいタイミングは数日しかないと言われており、収穫が遅れると固くなってしまうので、早め早めの収穫が肝心だ。
DSCF6170.JPG

②キュウリの収穫量が早くもピークを迎えている。5月16日から収穫をはじめ、3週間で150本、ひと株あたり25本の収穫で、気温上昇と好天続きで好調に推移している。
DSCF6163.JPG
DSCF6165.JPG

横浜・山下農園 なすの支柱立て [山下農園のはなし]

さて、今週山下農園では、上期作業の山場である茄子の支柱立てを行った。この土木作業を終えれば、今後は誘引や整枝などの管理作業と収穫が中心となり、随分農作業は楽になる。

①なすの支柱立て
支柱立ては、先日定植したなすの主枝近くに、ポールをクロスさせるように、苗一本あたり4本の支柱を立てていく。トマトやキュウリの支柱に比べて逆ハの字の開き方など支柱立ての精度が求められ、格段に難しい作業だ。まずは専用の器具で水平を保ちながら、逆ハの字型になるよう慎重に支柱を差し込んで行く。
DSCF6069.jpg
DSCF6072.JPG

②各区画ごとの基準となる支柱を立て終えたら、横パイプを通してから区画ごとに支柱を立てていく。茄子ひと株当たり4本の支柱を立てるので、ちょっとした力仕事だ。
DSCF6076.JPG

③支柱立てが終わったらなすの枝を誘引していく。
なすは思ったほど生育しておらず、まだ誘引できるほどの株の大きさにないことから、大ベテランのSさんがどの枝をどの支柱に誘引しようか思案していた。山下農園では茄子ひと株を4本立てにして支柱に誘引していく。そろそろなすの花が咲き始めたので、収穫は6月中旬頃から出来そうだ。
DSCF6078.JPG

前の30件 | 次の30件 山下農園のはなし ブログトップ