So-net無料ブログ作成
検索選択
池辺農園のはなし ブログトップ
前の30件 | 次の30件

横浜・池辺農園 じゃが芋の芽を間引き  [池辺農園のはなし]

3月最後の日曜日は、弱い雨が降り、気温も10℃に届かずとても寒い。まさに花冷えの天候だが、ここのところの気温上昇でじゃが芋が一気に成長してきた。

①特にきたあかりの生育が早く、どんどん葉が出て生育してきた。このまま放置すると小さい芋がいっぱいなってしまうので、一株あたり5-6本程度に間引くことにした。
P1010963.jpg

②種芋の数に余裕があったのと病気が心配だったので、カットせずに芋を1個そのまま使用して作付けした。その影響もあり、どんどん芽が出て、多いものは10本以上芽がでた。このまま放置しておくと小さな芋がいっぱい出来てしまうので、5-8本程度に茎と葉を間引いていく。
P1010960.jpg

横浜・池辺農園 蚕豆(そらまめ)の花 早すぎる開花 [池辺農園のはなし]

10月末に播種した蚕豆だか、11月以後の低温と1月の積雪で株がなかなか大きくならず心配していた。
3月に入り気温が上昇して発芽・生育に適した15-20℃程度の日が何日か現れるようになってきたこともあり、急速に生育がはじまった。週末の段階で約30センチ程度まで生育してきたが、畑に行ってみると早くも花が咲き始めているではないか。早生種とは言え、株の分蘖(ぶんげつ)もまだ十分でないし、30センチ程度の背丈しかないのに花が咲くのはあまりに早過ぎないか。本来は膝くらいの高さまで生育する4月中旬頃に花が咲いて、最終的には腰から胸あたりまで成長して、5月GW明け頃からそら豆の収穫が始まるというイメージだ。
12-2月の低温から3月に入り急激に気温が上がったことから、あわてて花を咲かせてしまったのだろうか。今年は梅の開花が遅れ、桜が早いというのも頷ける。

①まだ十分に生育していないのに開花してしまった蚕豆。きちんとした実が付くか心配だ。
P1010896.jpg

②蚕豆の花は美しい。なんとかこのまま順調に生育してほしいものだ。
P1010894.jpg

横浜・池辺農園 じゃがいもがようやく発芽してきた [池辺農園のはなし]

2月17日に作付けしたじゃが芋がようやく芽を出した。2月はずっと気温が低かったので、少し早すぎたかと心配したが、3月に入り急に気温が上がり発芽温度である15-20℃に達する日が何日もあったので、じゃが芋も慌てて芽を出したのだろう。

池辺農園では、雑草対策と地温の上昇を促進するために黒マルチを張って栽培しているが、芽が出てきたのでNさんがマルチを破って芽を日光に晒した。これで問題なく生育が進むだろう。

①芽を出したじゃが芋  
じゃが芋が一斉に発芽を始めた。畝によってかなり芽の出方に差があるが、品種によるものかあるいは日差しの差なのか判断しかねるところだ。北側のメークインやキタアカリはすでに発芽しているが、南側の男爵やベニアカリは未だ十分に発芽していない。畑の境(東側)に大きな木が植わっており、朝日の当たり方にかなり差があるのでその違いによるものだろうか。
P1010848.jpg

②蚕豆(そらまめ)もようやく生育してきた。
例年は4月に入ると花が咲き始め5月末には収穫できる状態まで生育するが、今年はまだまだ株が小さく摘心するほどに生育していない。少なくとも半月程度は遅れているようだ。すでに友人から蚕豆の予約がはいているので心配になってきた。
P1010835.jpg

横浜・池辺農園 農園近くの東方天満宮 梅が見頃に [池辺農園のはなし]

さて先週のことになるが、池辺農園でじゃが芋の作付けを終えた後、農園から車で5分程の東方天満宮を訪れた。東方天満宮は梅の名所で、近くには美しい芝桜が楽しめる道もありひと息入れるには絶好の場所だ。
17日はちょうど町内会主催の梅まつりが開催されていたが、このところの寒さで開花が遅れており、三分咲きといったところだろうか。おそらく2月末あたりが見頃ではないかと思われる。

①境内には梅が250本ほどあり、人気も少なく、静かに観梅を楽しむことが出来る。
まだまだ蕾はかたく、満開は2月末頃だろうか。
IMGP0190.jpg
IMGP0175.jpg
IMGP0182.jpg

②東方天満宮は、ちょうどJAメルカートから南側の谷に向かって丘を下りたあたりにあり、案内によると菅原道真を祭る歴史ある落ち着いた雰囲気のお宮さんだ。
天満宮.jpg

横浜・池辺農園 じゃがいもの作付け(春作) その②  [池辺農園のはなし]

さて、梅の花も咲き始めたので少しずつ暖かくなるだろうと、日曜日にじゃが芋の作付けを行ったが、今週は真冬並みの気温が続くようで、横浜でも最低気温は0~1℃とかなり低い予想だ。畝上げをして黒マルチを掛けたので、天気がよければ昼間は地温が上昇し、夜はその熱がとどまり芋が凍ることはないだろうと思うが心配になってきた。

①畝作りがおわったら、いよいよじゃが芋の植え付けだ。
種芋の数がやや多めなので、今年は芋を切らずに丸ごと使用することにした。種芋は、数が節約できるので切って使うことが多いのだが、切り口の乾燥と殺菌が不十分だと腐ったり痛んだりするリスクがあるので、丸ごと使用するほうが手間がかからない。
ところで丸ごと定植する場合に、芋を埋め込む方向がわからない。教科書とにらめっこしながら検討した結果、今年はヘソを下向きにして植えることになった。結論としてはどちら向きでも発芽するようなので、本にはいろいろ書いてあるが細かいことにはこだわらないことにした。
P1010664.jpg
P1010676.jpg

②最後に黒マルチを張って、土盛りをしていく。通常の場合マルチは使わないで、成長が進むごとに土寄せしていくのだが、池辺農園では早めに定植するので地温を上げてやる必要があることや、雑草対策のため毎年黒マルチを使用して栽培している。一昨年マルチありとなしの両方で栽培してみたが、マルチを使用した方が芋の成長は格段に良い。ただし定植後の土盛りや追肥は出来ないので、やや深めに定植し、葉ボケしない程度に元肥を多めに施肥しておく必要がある。
P1010680.jpg

③今年の作付け品種は5種類だ。
いろいろな品種を作付けしても収穫後はなかなか区分管理できないので、男爵やキタアカリ、メークインなどベーシックなものを中心に5種類を購入し作付けした。じゃが芋はウイルス病など疫病に弱いので、種芋は前年栽培した芋は使用せずに、種芋用として販売されている芋を使用することが必要だ。JAはやや価格が高めなので、ホクレンの種芋を近隣のホームセンターでNさんが購入したものを使用した。
じゃがいもレイアウト2013.jpg
P1010654.jpg


横浜・池辺農園 じゃがいもを作付け(春作) その① [池辺農園のはなし]

じゃがいもは15~25℃が発芽や生育に適した温度なので、横浜では3月に入ってから作付けするところが多いようだが、3月上旬から山下農園の土作りがはじまるので、池辺農園ではマルチを使用して毎年やや早めに定植している。ちなみに2012年は3月3日、2011年は2月20日、2010年は3月13日に定植したという記録が残っている。今朝は農園でも霜が下りて、朝方は畑の土も凍くなど寒い日が続いているが、結果的には、もっとも早い作付けとなった。

じゃがいもはナス科なので連作障害が出やすいため、毎年作付け場所を変更する必要がある。池辺農園では畑を4グループに分けて輪作しているので4年間は同じ作物を栽培することはない。今回じゃがいもを作付けした場所は去年さといもを栽培した場所だ。

①まずは鶏糞や硫安などの肥料を施肥して土になじませる。ちなみに、昨年11月には全面耕運して牛堆肥を施肥してある。
P1010648.jpg

②区画の寸法を測って、鍬で土寄せをしていく。池辺農園では、幅約1メートル、高さ約20~30センチ程度の畝を4本つくり作付けしていく。
P1010653.jpg

③じゃがいもを35-40センチ間隔で畝の上に置いて、作付け位置を確定し、芋と芋の間に硫安を施す。
P1010660.jpg
P1010666.jpg

その①20130217

横浜・池辺農園 池辺農園にもようやく春が来た 秋撒き小麦 [池辺農園のはなし]

2月は農閑期なのでこれと言った話題がなく、ついついブログの更新が億劫になってしまう。
今日、池辺農園に豆類の発芽状況を確認に行ったところ、小麦がきれいに発芽していた。自分では作業していないので、NさんやFさんが11月の玉ねぎと豆類の定植後に播種したのだろう。池辺農園では豆類やイモ類等の畝間に小麦を植えているが、小麦栽培の目的は収穫ではなく以下の理由によるものだ。

①麦藁が夏場の暑さ対策として役立つ
藁は特に夏場の直射日光から作物を守るのに有効で、根元に敷いて水分蒸発を抑えたり地温の上昇を抑えたりするのにとても役に立つ。ホームセンターやJAでも手に入るがひと束数百円もして意外に高いのだ。

②畑の雑草対策として有効
麦を畝間に植えておくことで雑草が生えてこなくなる。毎年GW頃になると急に雑草が増え始め、真夏には雑草除去が悩みの種なので、踏まれても踏まれても負けない麦の強さに助けてもらうのだ。もう少し大きくなったら麦踏みの時期だ。

③豆類のアブラムシ対策として有効 
バンカープランツとも言われるが、空豆には大量のアブラムシが付くので、小麦を植えることで小麦にアブラムシが付き、そこに天敵のてんとう虫や蜂がやってきてアブラムシを退治してくれ、ついでに空豆のアブラムシも食べてくれるというわけだ。うまくしたことに小麦に付くアブラムシは空豆には付かないということなので、バンカープランツとしての効果は抜群なのだ。

秋撒き小麦とは・・・
秋に撒いて春に収穫する小麦のことを「秋撒き小麦」というが、小麦には4~5月に播種して9~10月頃に収穫する春小麦と、9~11月に播種して5~6月に収穫する秋小麦の2種類がある(地域によって差がある)。北海道で栽培されているのは多くが秋小麦で、雪の下で越冬して時間を掛けて成長するので、収量が春撒きに比べて多く、春小麦よりも力強く生育し、手もかからないのだそうだ。小麦は、輪作体系の中で馬鈴薯や大豆、ビート等とともに重要な作物となっている。本州の温暖な地域では、小麦の多くが稲作の裏作として栽培され、稲刈りが終わった11月頃に播種し、翌5月末から6月上旬に収穫、その後水が張られて田植えが行われる。

以前このブログでも紹介したが、香川県の「さぬきの夢」はうどん用の小麦として10年ほど前に開発されたもので、稲作の裏作として広く栽培されている。香川県では古くから稲作の裏作として小麦が栽培され、ローカルの製粉会社も多い。このような背景が讃岐のすばらしいうどん文化を育んできたのだろう。
★さぬきの夢⇒こちらから
麦秋(ばくしゅう)という言葉がある。麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏の頃の季節のことで、「秋」とついているが5-6月頃のことを指す。これは秋らしい黄金色の畑が、秋撒き小麦では初夏にあらわれるのでそのように表現されてきたのであろう。古くから小麦は秋撒きが主流であったということだ。

IMGP0138.jpg
・玉ねぎの畝の脇で生育を始めた小麦。発芽したばかりだが、もう少し生育したら麦踏みを行ってより強く生育を促す。



横浜・池辺農園 そら豆の生育がやや遅れ気味 [池辺農園のはなし]

冬場はほとんど農閑期となっている池辺農園の様子を紹介したい。
11月末に播種したそら豆がようやく芽を出したが、例年に比べると随分遅れている。
去年も寒い冬だったが、先々週の積雪による被害や地温の下落などで、さらに生育が遅れることが心配される。
春には花が咲いて実をつけてくれるだろうか。今週~来週にかけても寒さが厳しいようだ。

①例年なら、この時期10センチ程度には生育しているはずだが、まだ5㎝程度だ。週末しか作業できないので播種のタイミングがやや遅かったのだろうか。
例年の開花は4月中~下旬、収穫は5月20日頃からだ。
P1010573.jpg

②11月に定植したたまねぎも成長が思わしくない。こちらは去年も同様で、3月になり気温が上がり始めると急に成長するのでそんなに心配いらないだろう。
P1010581.jpg

横浜・池辺農園 全面耕転を終えたら玉葱のマルチ張り [池辺農園のはなし]

借り物の耕運機が予想以上に働いてくれたので、全面耕転は午前10時頃頃から始めて12時過ぎに終了した。来週はいよいよ玉葱の作付けを行うが、時間に余裕ができたので今日のうちにマルチ張りを行うことにした。

①毎年、玉葱は早生種、晩生種、赤玉葱など約1000~1500玉を11月末に定植し、5月頃には収穫する。今年も早いもので、玉葱や空豆、エンドウ豆の作付け時期が近づいてきた。まずは玉葱用のマルチを張るための寸法だしと溝掘りを行う。この作業は山下農園でも半年に一度は行う手馴れた作業なので、誰かの指示が無くとも手際よく進行する。溝が浅いと強風などでマルチが剥がれる原因となるので、しっかりとサクッていく必要がある。
P1010070.jpg

②近くのJA横浜メルカートきたに行き、玉葱用に7つ穴130cm幅の黒マルチを購入し畑に敷いていく。地温を上げて野菜の生育を促進するなら透明なマルチが有効なのだが、池辺農園では、手のかかる除草を少しでも減らせるように黒マルチを使用して雑草の繁殖を防止している。
P1010069.jpg

③今日さといもをすべて収穫した。池辺農園の他のメンバーのさといもは、夏場の水不足と高温・乾燥の影響でやや小さめなのだが、我々の区画のさといもは葉が大きく茂り立派に成長している。我々の区画は傾斜地の上の方に位置するため雨水の通り道になり、水分が豊富だったのかもしれない。里芋の生育には特に夏場の水分が欠かせないのだ。
P1010047.jpg

横浜・池辺農園 小野ファームから牛堆肥がとどき全面耕転 [池辺農園のはなし]

戸塚区の小野ファームから注文してあった牛堆肥がとどいたので、1年ぶりに全面耕転を行った。春は豆類の栽培があるため畑全体で作物が途切れることが無いのだが、秋(11月末)は、さつま芋や里芋など芋類の収穫が終わると、いったん栽培作物がなくなるので、この機に畑全面を耕転するのだ。キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、小松菜など冬物の葉物野菜は山下農園で栽培しているので、こちら池辺農園では栽培していない。

①土曜日の朝、横濱ビーフを生産する戸塚区の小野ファームから牛堆肥が届いた。山下農園でも池辺農園でもこの牛堆肥がないと始まらない。土作りにとってとても大切な存在なのだ。今年は小型の耕運機を2台準備しいよいよ畑全面の耕転の開始だ。
P1010045.jpg

②まずは、畑にある作物をすべて撤去して、堆肥を定量ずつ置いていく。池辺農園では基本的に化成肥料は使用しないので、牛堆肥と鶏糞を撒く。
P1010049.jpg
P1010052.jpg

③いよいよ耕運だ。使い慣れない借り物の耕運機なので、最初は上手くいかなかったが、次第に耕転できるようになってきた。約2.5時間で全面耕転を終了したのて、なんとか日没までにはすべての作業を終えられそうだ。
P1010056.jpg
P1010059.jpg

横浜・池辺農園 さつま芋掘り ミミズと蛙 [池辺農園のはなし]

10月末の話になるが、池辺農園で蔓切りを終えたさつま芋を掘りあげた。

①さつま芋掘りは重労働なので、今年もFさんの会社の方(若い女性とご家族)がお手伝いしてくれた。まずはさつま芋の蔓切りを行い、スコップで掘り上げていく。
IMGP2145.jpg
IMGP2154.jpg
IMGP2159.jpg

②蔓を切っていると、蛙が飛び出してきた。たしかに蔓の下は雨の影響もあり湿っ気ているが、川も池もない場所にどうして蛙がいるのか不思議だ。
IMGP2158.jpg

③さつま芋を掘り上げるとミミズが飛び出してきた。せっかく気持ちよく眠っていたのに、明るい地上に放り出されて迷惑そうだ。この畑の耕作をはじめた2009年夏は、いかにも痩せた茶色の硬い土で、何を栽培してもうまくいかなかったが、3年が経過し土の質もかなりよくなってきた。ミミズが住んでいるというのは土が良い証拠なのだ。
IMGP2156.jpg

横浜・池辺農園 収穫の秋 さつまいもとかぼちゃが豊作だ [池辺農園のはなし]

さて、池辺農園では春から初夏に仕込んださつまいも、さといも、南瓜(かぼちゃ)が収穫期を迎えている。今年は猛暑と水不足が心配であったが、概ね豊作となりひと安心だ。

①先週末に池辺農園で収穫した芋類と南瓜(かぼちゃ)。
じゃが芋はかなり収穫期を過ぎているが、さつま芋にさといも、かぼちゃと横浜はまさに収穫の秋本番といったところだ。
P1360204.jpg
★試し掘りしたさつま芋(パープルスイートロード)、★土中でキヤリングしていたじゃが芋(マチルダ)、★試し掘りした里芋(品種不明:土垂系)、★畑でキヤリングしていたかぼちゃ(品種不明:黒皮の栗系かぼちゃ)、★大きく成長してきた新しょうがを収穫した。

②かぼちゃは、9月中旬には収穫できるサイズに成長したが、でんぷん質を糖化させ甘さを十分に引き出すために、収穫せずにそのまま畑に放置しておいた。蔓が茶色に変色したところで、熟成が進んだと判断し一気に収穫した。さて今年のかぼちゃまの味はいかがなものか。
P1360192.jpg

横浜・池辺農園 マチルダ(じゃがいも)の収穫 [池辺農園のはなし]

昨日に続いて池辺農園の話題。3月にじゃが芋を作付けする際、マチルダというじゃが芋の味が良いという話をしたところ、早速Nさんが食用のマチルダを購入した。何年か前に仕事で北海道十勝地方のある農協を訪問した際に、マチルダというとても旨いじゃが芋があるので販売できないかと紹介されたのだ。やや黄色がかった小粒の芋で、とても甘くねっとりとしたさつま芋のような食感に感動したことを記憶している。

①マチルダ(MATILDA:じゃが芋)⇒1985年にホクレンがスウェーデンから導入した品種で、十勝地方の特定JAでしか栽培されておらず、門外不出の幻のじゃが芋だ。食用の芋は広く販売されているが、栽培用の種芋は十勝以外には出回っていないようなので、今回は食用の芋を購入してテスト的に栽培してみた。食用の芋を種芋にして栽培するとウイルス病になる可能性があるので、今回は池辺農園から数分の距離にあるFさんの菜園でテスト栽培することにした。
P1360199.jpg

②収穫したマチルダ なかなかの出来だ。ただし横浜は十勝に比べて気温が高く雨も多いことからややサイズが大きい。十勝のマチルダはゴルフボールよりひとまわり大きい程度だ。こんなにおいしい芋を世の中に普及させるために、道外でもぜひ種芋を販売してほしいものだ。ところでどうして今頃じゃが芋?と思われるかもしれないので、今回の芋は3月に作付けしたので、横浜では6-7月頃が収穫期となるが、食べきれないので地上部分の蔓を切り地中に置いておいたのだ。
P1360203.jpg
P1300076.jpg

産地情報が明確な安心食材です【ベネッセの食材宅配】

横浜・池辺農園 さつま芋の蔓切りと試し掘り [池辺農園のはなし]

久々に池辺農園の話題。10月も半ばを過ぎ、5月に作付けしたさつま芋がそろそろ収穫期となってきた。毎年収穫が遅れて芋が肥大化してしまうので、これ以上成長しないように、まずは蔓切りすることにした。このまましばらくは土の中でキヤリングさせて、11月上旬に芋を収穫する予定だ。

①畝の半分程度まで蔓を切っていく。蔓を切ることでさつま芋の成長を止められる。
P1360187.jpg

②次にさつま芋を試し掘りしてみる。今年は適度な雨と高温で、かなり出来がいいようだ。左が紅はるか、真ん中がパープルスイートロード、右が安納芋だ。
P1360189.jpg

③実は、今日山下農園でも恒例のさつま芋掘りが企画され、我々の畑のとなりにあるO講師の畑で山下農園のメンバーが芋掘りを楽しんだ。さつま芋掘りが終わると横浜も秋本番だ。
P1360181.jpg

ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース withベビーセット】

横浜・池辺農園 さといも(里芋)の探り掘り さつま芋のつる返し [池辺農園のはなし]

久々に池辺農園の話題。スイカの収穫と片付けを終え、とり残したじゃがいもを収穫して、いよいよ、さといもとさつま芋の収穫を待つばかりだ。

①今年のさといもは、猛暑と水不足の影響による芋の不作が心配だが、葉は大きく茎も太くしっかりとしており地上部分を見る限り問題ないようだ。10月末から11月上旬が収穫期だが、芋の出来を確認するため探り掘りを行った。
P1200965.jpg

②探り掘りの結果は、不作ぎみ。地上部分はしっかりしているが芋があまり付いていないようだ。彼岸を境にに気温も下がりようやく雨が降るようなったので、今後の生育に期待しよう。
P1200962.jpg

さといものとなりは新ショウガ。里芋の脇に作付けしたがまずまずの出来だ。味噌を付けてそのままかじってもおいしいようだ。
P1200959.jpg

②6月に作付けしたさつま芋は11月中~下旬が収穫期になるが、この時期つる返しを何度か行い、土中の芋に栄養がしっかりと行き渡るようにする必要がある。さつま芋のツルは、地面を這ううちに節々からどんどん根が張って、そこに小さな芋がなってしまうため、何度かつる返しをして根をきちんと切っておく必要があるのだ。
P1200957.jpg


配送料無料、1食から注文OK【ベネッセの食材宅配】

横浜・池辺&山下農園 伏見甘長がたわわに実り、にがうり(ゴーヤ)の収穫間近 [池辺農園のはなし]

池辺農園では、スイカの収穫が最盛期となっているが、いつの間にか5月に山下農園のハウスで種から苗を育成した「伏見甘長」がたわわに実っている。大きさと言いかたちと言い最高の出来だ。京都あたりのちょっとした小料理屋で伏見甘長の炭火焼を注文すれば、700~800円はくだらないだろう。贅沢な味を楽しむことにしよう。
P1200711.jpg

また山下農園では、5月19日・番外地(共有地)に苗を定植した夏野菜の代表格ゴーヤ(にがうり)が、高温と日照でグングンと伸びて大きな実を付け始めた。早く収穫してチャンプルーやおひたしにして食べたいな。
P1200675.jpg

今週末は、いよいよ、台風で傷みながらもたくさんの実を供給してくれたキュウリの片付けだ。ちょっとさびしくなるなぁ。

横浜・池辺農園 スイカが食べ頃 早く収穫して食べないと [池辺農園のはなし]

池辺農園では、5月に収穫前の玉ねぎの畝の脇に作付したスイカが、そろそろ食べ頃となってきた。

①スイカの区画は動物や鳥に食べられないよう周りにネットを張って、上はひもをはり巡らせた。これでハクビシンやカラスの被害からスイカを守れそうだ。動物たちに食べられないうちに早く収穫しないと・・・・。
IMGP0910.jpg

②収穫時期の目安は、スイカがぶら下がったツルのすぐ上にあるヒゲが枯れているかどうかがポイントだ。この画像にあるスイカはヒゲが枯れているので収穫適期だ。
品種は「入善スイカ」だったか「うり坊」だったか・・・。
P1200635.jpg
P1200646.jpg

横浜・池辺農園 黄色いズッキーニ はじめての栽培 [池辺農園のはなし]

池辺農園では、グリーンピース、そら豆、玉ねぎの収穫が終わって、次はいよいよジャガイモの収穫だ。また春先に山下農園のハウスで苗を育成し、5月に池辺農園に定植した黄色いズッキーニが収穫適期となってきた。

①鮮やかな黄色のズッキーニが成長してきた。形はまったく異なるがかぼちゃの仲間らしい。
P1200339.jpg


②山下農園でもらったトマトとピーマンの苗は生育がいまひとつだが、ズッキーニは土がやせた池辺農園でも元気に育っている。うどんこ病の症状が出ているが、気にすることはなさそうだ。
P1310470.jpg

③さてどんな料理をつくろうか。
IMGP0712.jpg

横浜・池辺農園 台風の被害はほとんどなく、玉ねぎが豊作 [池辺農園のはなし]

さて山下農園の共同作業を終えたあと、池辺農園では久々の晴れ間を狙って玉ねぎの収穫とそら豆の片づけを行った。

①台風の強風で葉っぱがすべて吹き飛んでしまい、枝が風下側にキレイに曲がったそら豆。幸いなことに、先々週収穫を終えているので実質的に被害なく、葉が無い分むしろ片付けやすくなった。
P1200430.jpg

②Kさんが栽培されていた六条大麦も、強風ですべて倒れてしまっているが、すでに麦の穂先だけは収穫してあったので被害はない。良い麦わらが取れそうだ。
P1200433.jpg

③玉ねぎの葉が倒れ収穫期を迎えていたが、週末は雨が多く2週間以上収穫できないでいた。この土曜日は久々の好天なのですべて収穫を行った。冬場~春先に掛けての低温で生育が悪くどうなることやら心配していたが、GWあたりから気温が上がってきたことで一転豊作となった、ものすごい収穫量だ。
P1200435.jpg

④晩生種の玉ねぎは小屋の軒下に吊るしてよく乾燥させる。こうすれば半年以上日持ちするのだ。早生種は1ヶ月程度しか日持ちしないので、サラダやスライスしてどんどん食べないとすぐに傷んでしまう。
P1200460.jpg


横浜・池辺農園 じゃが芋の探り掘り&さつま芋の定植 [池辺農園のはなし]

池辺農園では、じゃが芋の花がちょうど満開を迎えているが、すでに芋が収穫できるほどの大きさに育っているので、探り掘りでいくつか収穫してみることにした。

①じゃが芋の探り掘り:畝ごと掘り起こして一斉に収穫してしまうのではなく、手探りで玉が大きそうな芋だけをひとつひとつ収穫する。この作業で十分に生育していると判断できる場合は畝単位で一斉に収穫していくのだ。
P1200254.jpg

②そろそろさつま芋の作付け時期だが、まだじゃが芋を収穫していないので、さつま芋の苗をひとつひとつ手作業で、じゃが芋と小麦の間に植えていくことにした。元気に茂ったじゃが芋と小麦をかき分けて定植していくのはひと苦労だ。
P1200249.jpg

③さつま芋の苗:さつま芋はじゃが芋やさといもと違い、種芋ではなく苗を植えていく。
P1200246.jpg

参考書によると、さつま芋の定植は船底植えが良いらしい。茎を寝かした形ですべて地中に埋めて葉だけを出す方法。
P1200244.jpg

横浜・池辺農園 じゃが芋の濃い紫の花は新品種ピルカ アイルランドの悲しい歴史 [池辺農園のはなし]

先日紹介したじゃが芋の花の品種が間違っていたので訂正します。キタアカリの花はこんなに濃い紫だったかなと思い今日畑で確認したところ、濃い紫の花は「ピルカ」だった。ピルカは2010年に北海道の優良品種として認定された新しい芋で、シストセンチュウへの抵抗性が強く、馬鈴薯よりも多収である点が特徴らしい。

①濃い紫色が美しい「ピルカ」の花
P1200140.jpg

②キタアカリの花は薄く紫がかった白っぽい花
P1200011.jpg

③池辺農園でNさんとじゃが芋談義をしていたときに出たのがアイルランドの話しだ。
早速アイルランドとじゃが芋の悲しい話について調べてみた。
1845年当時、アイルランドはイングランドの支配下にあり、国民は麦を主食としていたが、高い小作代を払えなかった小作農民は、高い税を払わなくてもよく生産性の高いじゃが芋に生産をシフトさせ、人口の約3割が主食料をじゃが芋に頼るようになっていたようだ。
1845年にヨーロッパ全域でじゃが芋の疫病(胴枯れ病)が発生し大不作となったのだが、当時のイングランド王国や貴族は、食糧確保や輸出禁止など国民の生命を守る施策を取らなかったことから、アイルランドでは食料が不足し大飢饉となり、人口の約1-2割が命を落とし、約2割以上が国外に逃れたというのだ。未だにアイルランドと北アイルランドを合わせた人口は、大飢饉前の水準に達していないしいうのだから相当ひどい状況にあったことは間違いない。
なるほど、かつて仕事で知り合ったアメリカ人やオーストラリア人に何人もアイルランド出身の方がいたのだが、こうした背景があったことを初めて知った。
たかがじゃが芋、されどじゃが芋なのだ。今のところ順調に育っているが、じゃが芋は病気に弱いので要注意だ。


横浜・池辺農園 グリーンピース(えんどう豆)が食べ頃に  [池辺農園のはなし]

池辺農園では、秋~冬にかけて作付けしたグリーンピース、そら豆、玉ねぎ、いちごなどが収穫期を迎えている。グリーンピース(えんどう豆)は今週末あたりが収穫適期となりそうだが、かなりの豊作なので、先週早めに収穫することにした。

①丸々と太ったグリーンピース。この程度までさやが丸々してきたら収穫時だ。
IMGP0455.jpg

②生のままサヤから豆を取り出す。今年のグリーンピースはかなりの豊作だ。
IMGP0463.jpg

③市販品ほど大きくはないがなかなか良い出来だ。お店で買うとかなりの値段なのに驚いた。
IMGP0466.jpg

横浜・池辺農園 じゃが芋の花 [池辺農園のはなし]

池辺農園では、秋に定植したそら豆、グリーンピースが収穫期を迎え、3月に作付けしたじゃが芋の花が満開となった。今年はまったく間引きをしなかったので、かなり葉っぱが茂っている。間引きをしないと小さめの芋が沢山できるらしいのだ。今年は天候に恵まれ生育が順調なので、6月末頃が収穫のピークになりそうだ。

①紫色の花が美しいキタアカリ
P1200015.jpg

②白く上品な十勝こがねの花
P1200012.jpg

③じゃが芋の花としては一般的な淡い紫色のこがね丸、スタールビーの花
P1200013.jpg

④今年のじゃが芋作付け内容 
グラフィックス1.jpg

横浜・池辺農園 春本番その2 大麦、たらの芽・グリーンピース・いちご [池辺農園のはなし]

池辺農園では、まさに春本番、農園の緑がすばらしく美しい。野菜たちも元気良く育っている。

①Kさんの六条大麦が大豊作だ。麦の穂が風になびいてとても美しい。
P1110924.jpg
P1110940.jpg

②たらの芽が青々とした新芽を元気に出している。天ぷらにして食べてみよう
P1110909.jpg

③苺が食べ頃に カラスに見つからないうちに早く収穫しないと
P1110882.jpg

④黄色いズッキーニの種を山下農園のIさんが立派な苗に育ててくださったので定植してみた。さてうまく育つだろうか。
P1110886.jpg

⑤葱坊主が満開に 葱坊主は天ぷらにすると美味しいらしい。
P1110901.jpg
P1110905.jpg

横浜・池辺農園 農園は春本番 たらの芽、アスパラ、葱坊主 [池辺農園のはなし]

先週はGWのイベントのため山下農園も池辺農園もお休みした。今日は元気に芽を出し始めた野菜たちの状況について報告しておきたい。
①昨冬植えたネギに葱坊主が、早く収穫ししないと・・・・・
P1110766.jpg
②アスパラもぐんぐんと立派に成育
P1110838.jpg
③たらの芽がそろそろ採り頃に
P1110771.jpg
④イチゴの苗に花が咲いた。もうすぐ実がなり収穫も間近だ
P1110845.jpg

横浜・池辺農園 グリーンピースの花 アスパラのネット張り [池辺農園のはなし]

14日(土)は土砂降りの雨だったので、山下農園の共同作業は今日15日(日)に順延となり、池辺農園の作業も日曜日午後に延期したた。

①グリーンピースに花が咲いた
4月に入りグングン気温が上がってきたので、グリーンピースの花が一気に咲き出した。白く美しい花だ。この花が終わると実が付きだして5月上旬には収穫ができるようになるはずだ。
P1110777.jpg
P1110744.jpg

②アスパラにネットを張る
アスパラは先週の強風でかなり折れてしまったが、いくつかは元気に芽を出し始めた。
2009年冬に苗を作付けして以来、今年で3年目の夏を迎えるので、いよいよ本格的な収穫が始まる。アスパラは背丈以上の高さに生育するが、風に弱く折れやすいので、今年は全体にネットを張って倒れないように工夫した。3年間の経験から学んだことだ。今回はひざの高さにネットを張ったが、背丈が伸びてきたら胸あたりの高さにもう一回ネットを張る予定だ。
asupara.jpg
P1110730.jpg

横浜・池辺農園 待ち遠しかった春の訪れ アスパラと馬鈴薯の新芽 [池辺農園のはなし]

「暑さ寒さも彼岸まで」という諺がまったく通用しないくらい寒さの厳しい3月であったが、4月の声を聞いて、ようやく春らしい気候となってきた。3月最後の土曜日は土砂降りの雨であったが、4月の幕開けは晴天・春爛漫の陽気になったので、あわてて畑に向かった。

①アスパラの新芽
今年もアスパラが顔を出した(安堵)。2009年12月に昨付けして以来3シーズン目を迎えるので、いよいよ今夏から本格的な収穫が可能となる。昨夏は手入れが行き届かず伸び放題にしてしまったので、芽を出してくれるか心配であったが、なんとか元気に育ってくれそうだ。
P1110603.jpg

②じゃが芋の新芽
3月3日に作付けしたじゃが芋が芽を出した。気温の低い日が続いたので1ヶ月近くもかかったが、なんとか顔を出してくれたので安心だ。通常は土盛りだけでマルチを張らずに栽培するのだが、我々は地温の上昇を即して生育を早めるため、黒いマルチを張ることにしたのだ。マルチのせいで芽が出てきても外からではわからないため、触手で芽を見つけてはマルチに穴を開けて、芽を日光にかざしてやるという手間のいる作業を行った。
P1110579.jpg

横浜・池辺農園 グリーンピースの支柱立てとネット張り [池辺農園のはなし]

じゃがいもを作付けした後はグリーンピースの支柱立てとネット張りだ。
グリーンピースはマメ科の植物で、エンドウの未熟種子を食用としたものらしい。アオエンドウとも呼ばれ、収穫期は晩春から初夏頃だ。

11月に定植したグリーンピースがようやく生育してきた。収穫は5月頃の予定だが、早めにネットを張って蔓が絡んだり痛んだりしないようにし、しっかりと枝が伸びて収穫量が増えるよう準備を行った。

去年はゴーヤ用の粗めのネットを使用したが、蔓がからんで痛みやすいことから、今年はしっかりとした動物除けのネットを使用し、裏側からも収穫できるようにコの字型にネットを張った。
P1110369.jpg
P1110359.jpg
P1110361.jpg

横浜・池辺農園 遅い春の訪れ じゃが芋の作付け [池辺農園のはなし]

3月に入りようやく春らしいやわらかな空気に変わってきた。じゃが芋は先週末に作付けを予定していたのだが、あまりにも気温が低いので作付けを延期したのだ。ちなみに2011年は2月20日、2010年は3月13日に作付けしている。

①今年は、スタールビー、こがね丸、シンシア、さやあかね、十勝こがね、ピルカ、きたあかりの7種類を作付けすることにした。品種選びのポイントは、味の良さ、保存性の良さ、多収性だ。
P1110309.jpg

②12月にすでに畝を作ってあったので、まずは芋を並べて間隔を調整してみることに。参考書によれば芋と芋の間隔は30センチ程度空ける必要があるようだ。
P1110321.jpg
P1110325.jpg

③芋を植える間隔が決まったら、芋と芋の間に硫安などの肥料を埋め込んで、肥料が芋に直接触れないように注意しながら約5㎝程度土を被せていく。
P1110333.jpg

④最後にマルチを掛けて、両端から土を被せて完成だ。
マルチがけせずに芋が成長する毎に土を被せていくのが通常の栽培方法だが、我々は毎日畑には出られないので、雑草対策と成長を早めるために毎年黒マルチを使用しているのだ。
P1110346.jpg
P1110350.jpg

さあ6月の収穫が楽しみだ。

横浜・池辺農園 あまりの寒さに野菜たちの成育が・・・・・ [池辺農園のはなし]

さて、2月は収穫も作付けもなく農作業がお休みなのだが、そろそろチンゲンサイやカブが収穫できるのではないかということで久々に畑に向かった。

①11月26日に播種したミニチンゲンサイとカブは、その後もほとんど生育しておらず、3ヶ月を経過しても人差し指くらいの長さに留まっている。画像では結構大きく見えるが、人差し指くらいの大きさでまだ収穫できるサイズになっていない。
P1110268.jpg

②11月23日に苦労して作付けした1600株の玉ねぎはほとんど成長していない。元々成長がゆっくりなのは分かっているが、この時期にまだ玉になっていないというのは、かなり収穫が厳しいかもしれない。蚕豆も昨年、一昨年に比べて著しく成育が遅れており心配だ。
P1110277.jpg
P1110272.jpg
前の30件 | 次の30件 池辺農園のはなし ブログトップ