So-net無料ブログ作成
検索選択
香港の旅2010年早春 ブログトップ

山下農園は農閑期 1年ぶりの香港を楽しんだ(その2) [香港の旅2010年早春]

前回に続き、旺角(モンコック)の市場を紹介したい。
先週もお話したが、下町ではスーパーマーケットよりも市場スタイルのばら売りが庶民受けするようで、ほとんどの生鮮品が欲しい分だけバラで買えるようになっている。これはムダが少ないし包装コストもかからず、プラスチックゴミも出ないので実に合理的だ。欧米のスーパーやCOOPでも生鮮品はこうしたばら売りが多く、日本でも見栄えだけではなく、こうしたエコな取り組みがもっと必要ではないかと思う。

①マーケットには葉物野菜だけでなく、日本では見たことも無いお芋や香港らしい南国フルーツが並んでいる。
HKG芋 .jpg
HKGSTAR.jpg

②お肉屋さんでは、生肉を常温のまま吊るして売っているのだ。どうです?近寄れますか?顧客は欲しい部位を欲しい分だけ購入することが出来るので合理的といえば合理的。肉屋さんは牛、豚、鶏それぞれが別々の独立した専門店になっているのだ。写真は豚肉専門店。
HKG豚.jpg

③魚屋さんは、高級魚ではなく庶民が普段食べる、いわゆる雑魚を中心に売っている。種類が豊富で値段も安い。
HKG魚.jpg

④香港人は豆や豆腐が大好きだ。豆腐以外にも、豆乳、豆腐花と呼ばれる豆腐のデザート、豆を甘く煮た「査咋(ジャジャ)」と呼ばれるデザートなど、豆腐や豆を上手く食べる方法を知っている。

HKG豆腐.jpg
HKG豆.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

山下農園は農閑期 1年ぶりの香港を楽しんだ [香港の旅2010年早春]

先週に続いて旅の話。
2~3月は農閑期なので、山下農園の共同作業がお休みとなるため、旅に出るチャンスなのだ。
香港は、もうかれこれ15年以上にわたり、春節の時期に訪問している。
何回訪れても違う表情を見せてくれる香港について紹介したい。
HKG0JPG.jpg

①香港の市場は元気なのだ!
日本の都市では商店街や八百屋さんが寂れてしまい、スーパーマーケットとCVSが幅を利かせているが、香港では、市場がまだまだ元気なのだ。旅行客が訪れるティムサーチョイや中環(セントラル)にはないが地元住民の繁華街である旺角(モンコック)や北角(ノースポイント)、灣仔(ワンチャイ)には大規模な市場が存在し、買い物客でごったがえしている。
香港人は、鶏も魚も生きた状態が最も新鮮と考え、野菜の鮮度にもこだわりが強い。だからパック詰めされていないそのままの野菜を好むんだろう。これこそが生鮮物本来の買い物のあり方ではないかと思う。
 HKG1.jpg

②菜心(チョイサム)は香港でもっともポピュラーな野菜だ。
どこにでも売っていて、見た目は菜花に近いアブラナ科の野菜だ。
1斤は604.78982グラム(中途半端だ)、これで8$=100円ちょっとはお買い得だ。
HKG2.jpg

③油菜(ヤウチョイ)は定番中の定番、最もポピュラーな料理だ。
作り方は簡単。菜心(チョイサム)を芯から茹でて、オイスターソースと少しの油を掛けるだけ。
また、お湯に油を垂らしてゆでると野菜の色が鮮やかになることから、油菜と呼んでいるらしいのだ。
見た目は菜花のようだが、苦くなく、食感はアスパラに近い。
P1110559.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
香港の旅2010年早春 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。