So-net無料ブログ作成
検索選択
京都・奈良の旅2011正月 ブログトップ

お正月は、いにしえの都・奈良へ  [京都・奈良の旅2011正月]

雪の京都で大晦日を過ごした後、和歌山の実家で年を越して、お正月はいにしえの都・奈良に向かった。東大寺や春日大社は初詣客で大混雑間違いなしなので、古き良き・奈良町と新薬師寺のディープな散策を楽しむことにした。

①大晦日の京都とは打って変わって晴天だ。奈良町は、狭い街路に江戸時代以降の町屋が多く建ち並んだ歴史的景観地域で、昔ながらの建物や景観が保存されている。ただし馬籠や大内宿のように電柱の地下化や現代建築の禁止まで徹底した管理がされていない。せめて電柱の地下化を行ったらどうかと思うのだが・・・。
nara8.jpg

②新薬師寺近くで、クラシックなのにモダン、とてもシックな集合住宅をみつけた。関西で文化住宅と呼んでいる高度成長期の二階建ての長屋式集合住宅とは趣がまったく異なる。いつの時代の建物だろうか。レンガ塀と黒瓦、木製建具が独特の雰囲気を出している。
nara5-1.jpg

③新薬師寺  何十年ぶりか思い出せないほど久々の訪問だ。京都とは比べものにならないほど人が少なく落ち着いた雰囲気だ。お寺さんには申し訳ないが、古都はこうであってほしいものだ。
nara3.jpg
nara4.jpg

④新薬師寺からほど近い場所にコジャレたカフェがあったので入った。『はなや北川』
偶然ハンマーダルシマーの奏者である「かしはま きりえ」さんが来店されており、演奏を無料で聴くことができた。ハンマーダールシマーというのは恥ずかしながら初めて聞く楽器だが、ペルシャあたりから西ヨーロッパに広がったもので、ピアノの先祖と言われているようだ。おいしいケーキと薫り高いコーヒーとともに、とても美しい音色にしばし聞き入った。
nara1.jpg
nara2.jpg
 

大晦日 雪の京都 その二 [京都・奈良の旅2011正月]

雪の京都の続き
大雪の中、金閣寺を後にして、龍安寺に向かった。
毎年、紅葉と桜の時期に京都を訪れることが多いが、いつも人気(ひとけ)のない静かな寺を中心にお参りしている。今回はこれだけの雪なので、ぜひ金閣寺の雪景色を見たいと思い、思い出せないくらい久しぶりに訪問した(妻は修学旅行以来だと言っている)のだが、こんな天気でも沢山の観光客が拝観に訪れている。さすが世界の金閣寺だ。
★いちばんのお気に入りは一昨年秋に訪問した『円通寺』⇒こちらから

①雪の龍安寺 雪が積もっているので、石庭の白砂の帚目(ほうきめ)はまったく見えないが、これはこれで趣があってすばらしい。さすがに観光客は少なく、バスが着いたときだけ石庭に面した廊下が混雑する。
ryoanji yuki.jpg

②こんな大雪の中でも、遅れながらもなんとかバスが動いている。
京都人は、この程度の雪ではなんともないのだろう。
bus kyoto.jpg

③北山にある結構有名な蕎麦屋『おがわ』で鴨せいろをいただく。年越し蕎麦の準備で一番忙しいところに入ったので、なかなか蕎麦が出て来ずに往生したが、味はなかなかよかった。
soba kyoto.jpg

2011年元旦 新年のごあいさつ ~雪の金閣寺~ [京都・奈良の旅2011正月]

本年も、サラリーマンの片手間農業体験を通じて、食と農の情報をどんどん発信していきたいと思いますので、ぜひお立ち寄りください。

毎年、正月は和歌山または長野の実家に帰省することにしている。昨年は世界遺産に指定されている『丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)』の初詣の様子を報告したが、今年は雪の京都を紹介したい。
大晦日は雪模様の予報となったため、車を諦め新幹線で帰省することにしたのだが、名古屋を過ぎた頃から一面の雪景色に変わってきた。今回は、大晦日に京都のお寺さんのいくつかに立ち寄ってから帰省しようということにしたが、京都に到着すると結構な雪になっている。北に上がるにつれてどんどん雪深くなってきて、北大路駅に着く頃には10センチ以上の積雪で、街は白一色の銀世界だ。金閣寺に到着する頃には大変な大雪になってきた。
kinkakuji20101231.JPG
2010年正月の丹生都比売神社 ⇒ こちらから
京都・奈良の旅2011正月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。