So-net無料ブログ作成
検索選択
奈良・和歌山の旅2012正月 ブログトップ

お正月(その2) 女人高野 室生寺へ [奈良・和歌山の旅2012正月]

さて、かつらぎ町の丹生都比売神社を後にして、国道24号線を奈良方面に進み、明日香村を経由して旧室生村にある室生寺をめざした。途中から雪まじりのミゾレが降り出し、いやな予感がしたが、室生寺に到着する頃には晴れ間が広がってきた。

今から1200年以上も前の平安時代初期に建立されたとする国宝の五重塔だが、1998年9月の台風により杉の大木が倒れ掛かり、修復不可能なほどに損壊して痛々しい姿に変わり果ててしまった。ニュースで損壊した五重塔をご覧になった方も多かったと思うが、このニュースを見て以来、再建された折にはぜひ室生寺を訪れてみたいと思っていたのだが、なにせ交通の便が悪く、最寄の近鉄電車の駅は1時間に2~3本しか電車が止まらず、駅からのバスも1時間に1本しかないため、なかなか訪れる機会が無かったのだ。平安~鎌倉時代の参拝者は大変な思いをして訪れたのだろう。

①完全に修復され美しい姿を取り戻した国宝の五重塔。二億円近くの費用と二年の月日を掛けて修復されたそうだ。杉の大木が倒れ掛かっても倒壊しなかったという平安時代の建築技術は本当にすばらしい。
gojuno-to.jpg

②「女人高野」の意味が分からなかったのだが、明治時代まで女人禁制であった高野山に対して、室生寺では早くから女性の参拝が認められていたことから女人高野と呼ばれるようになったらしい。ちょうど室生寺が建立された平安初期は、空海が真言宗を開き高野山に金剛峰寺を建立した時期にも近いので、そのように呼ばれたのであろう。女人高野=室生寺ということなのだ、なるほど。
muroo-ji.jpg

③国宝の金堂(上)と灌頂堂(下)
金堂は平安初期に建立された建物が国宝、中にある仏様(十一面観音菩薩像・釈迦如来立像)も国宝なのだ。屋根の檜の具合といい、壁の木の具合といい実に趣き深い木造建物だ。
muroo-ji-kondou3.jpg

灌頂堂は、真言密教のもっとも大切な法儀である灌頂(かんじょう)を行う場所であったので、本堂とも呼ばれて、鎌倉時代に建立されたらしい。金堂同様、質素で趣き深い木造建築だ。
muroo-ji-hondou2.jpg

五重塔を真下から見守る地蔵群、こちらも趣き深い。
ojizou-2.jpg

次回は諏訪大社をご紹介したい。

今年の正月は和歌山・奈良・諏訪の旅 [奈良・和歌山の旅2012正月]

昨年の正月は、大晦日が大雪だったために急遽マイカーから新幹線に切り替えて金閣寺と竜安寺を訪ね、正月2日には、いにしえの都奈良にある新薬師寺を訪れハンマーダルシマーの音色を楽しんだ。

今年は、昨年同様和歌山帰省したあと、2年ぶりにユネスコの世界遺産(紀伊山地の霊場と参詣道の一部として)に指定されている、かつらぎ町の丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)を訪れた。一昨年は天候も良く多くの参拝客で賑わっていたが、今年は朝早かったことや雪が積もっていることも影響してか初詣客は疎らであった。寒気の影響で氷点下の寒さだ。
niutsuhime-1.jpg
niutsuhime-2.jpg

当社は四つの本殿に四柱の神を祀る独特の社が特徴だ。
第一殿 丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ。丹生明神)不老長寿、農業・養蚕の守り神
第二殿 高野御子大神(こうやみこのおおかみ。狩場明神)人生の幸福への導きの神
第三殿 大食津比売大神(おおげつひめのおおかみ。気比明神)食べ物を司る神
第四殿 市杵島比売大神(いちきしまひめのおおかみ。厳島明神)七福神の弁天さま
niutsuhime-5.jpg

ところで、ここ天野の里は標高500m、和歌山にありながら冬には六甲山を越えた寒気と紀伊山地に湧き出した雲の影響で結構雪が降るのだ。また水が良いことでも知られており、盆地ならではの寒暖差がおいしい米を作るのだ。天野の米は地元ではおいしいことで知られている。
近畿地方ではキヌヒカリやヒノヒカリの栽培が多いが、ここ天野ではコシヒカリが栽培されている。
niutsuhime-4.jpg

毎回訪れて感じるが、よくもこんな山奥にぼっかりと盆地が広がり、そしてこの独特の社が存在するものだと。高野山への旅のついでにぜひ天野の里を訪れてみてほしい。
niutsuhime-3.jpg

次回は、ようやく念願かなって訪問することができた「室生寺」を紹介したい。


奈良・和歌山の旅2012正月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。